鹿港ルーガンの由来 手作り台湾肉包ローパオ 鹿港ルーガン

旨い肉まん・豚まん、饅頭の手作り台湾肉包(ローパオ)肉まんの鹿港

 トップ鹿港の由来7つのこだわり御品書(全国発送)饅頭って何?いらっしゃいませMAP美味しい召し上がり方

 鹿港ルーガンの由来

台湾中部の都市「台中」からバスに揺られること1時間半。
古いお寺や街並みが残る観光地、そこが店名の由来となった“鹿港ルーガン”です。 そして、その鹿港には、訪れた人が必ず立ち寄る、行列の絶えない肉包ローパオ(肉まん、豚まん)、まん頭(中華蒸しパン)の老舗、“振味珍ゼンウェイゼン”があります。

私、小林貞郎は十数年前に日本語教師として台湾に赴任しました。 ある日、教え子たちから肉包ローパオを食べに行こうと誘われて、出かけることにしました。
「しかし、なんでまた、1時間半もかけて“肉まん”ごときを食べに?!」
当然、そう思いました。
しかし行ってみると、それまで食べたことがない、美味しい“肉まん”が待っていたのです。

そして帰国し、初めての出会いから10年ほどたった頃、自分で商売をする決意をした私は、感動的なその味が忘れられない“振味珍の肉包”を「日本の皆さんにも食べてもらいたい」と思いたち、何度も足を運び、ようやく修行の許しを得ることができました。
そして、2年間の修行を終え、5年ほど前に現在の東京・世田谷に“鹿港”を開店することができました。

独自の製法で作られた皮とジューシーな具がマッチした肉包。
門外不出であったその味を、初めて日本で紹介できる運びとなったのです。

  会社概要 / 個人情報保護に関する方針